どんぐりの食べ方!こんな美味しい方法が!

幼い頃、緑がたくさんある場所に必ず落ちていたどんぐりは実は食べることができるんです!

わたしも食べられるなんて今の今まで知りませんでしたが、
どうやら結構美味しく食べることができるようです。

これはひょっとしたら隠れた秋の味覚になりうるかも?!

木の実を使ったお菓子なんかを手作りしてもよさそうですね!

ということで今回は、どんぐりの食べ方についての知識をご紹介したいと思います。

Sponsored Links




どんぐりって食べられるの?味は?


176415

本当のどんぐりって食べられるの?
なんだか疑心暗鬼になってしまいますが、

実はどんな種類のどんぐりでも食べることができるんですよ!
生食できるどんぐりもあるんです。

でもどんな味がするのか気になりますよね…。
本当においしいんでしょうか?

どんぐりそのもののとしてはほとんどないか、灰汁が強いものあります。

煎ったりして、調理することで香ばしい味が出てきます。
ピーナッツ落花生の味に近いかと。

どんぐりの食べ方


一番簡単な食べ方は、
どんぐりをそのままもしくは中身を出して煎って食べる方法です。

必要なものとしては、

  1. ペンチ(中身を出す時)
  2. 水(虫アリか確認するためと灰汁ぬき用)
  3. フライパン

こんな流れで調理しましょう!


1.虫食いしてないか水に入れてチェック


沈むどんぐりと浮くどんぐりがあります。

沈むどんぐり → 食べられます!

浮くどんぐり → 虫に食われているので食べられません。


まず、このように選別しましょう!

2.灰汁抜きしましょう


灰汁の弱いどんぐり強いどんぐりがありますので
試しにそのまま食べてみて確認しましょう。

灰汁が弱い、気にならないようであれば
次の3に進みます。

灰汁が強い場合、気になる場合は

殻を取って水につけます。

水を何度か交換して、
味見で渋みが取れていいたらオッケーです。

3.フライパン(弱火)で煎ります。


どんぐりを殻のままもしくは中身を
フライパンで煎ります。

火加減は、弱火で焦げないように注意です!

火が強いとどんぐりが弾けますので、
さらに注意しましょう。

4.香ばしい香りがしてきたら完成!


そのまま食べてもいいですが、
塩を振って食べると美味しさが増します。

こんな感じで調理すると簡単です!


あとは、粉状にしてお菓子やパンに混ぜたりしても香ばしい木の実料理になります。
小麦粉やバターをうまく使ってどんぐりのクセを抑えながら美味しくいただきましょう。


どんぐりの種類によって味は違う?


どんぐりもいろいろな種類のものがありますが、もちろんそれぞれ味が全然違います。

煎るとより香ばしさが増すどんぐりが多いのですが、
種類によっては舌に残るようなクセのあるどんぐりもあります。

基本的にはピーナッツ・落花生、と例えるのが一番ふさわしいのかもしれません。

しかしシイ類以外のどんぐりは灰汁が強いものが多く、
苦み成分であるタンニンが多く含まれています。

茹でてから天日干しをして、さらに水に浸しておけば程よく灰汁が抜けます。
またちょっとした苦みもどんぐりの大事な「味」となるため、
灰汁を完全に取らないようにするのもいいですね。

Sponsored Links



どんぐりの栄養


どんぐり2
実はどんぐりには豊富な栄養素が含まれており、
1粒炭水化物タンパク質脂質ビタミンアミノ酸をたくさん含みます。

特にビタミンCマンガン豊富に含まれており、
腹持ちも適度にあるためダイエットにもいいのかもしれません。

ちなみにカロリーは、10粒100キロカロリーくらいです。

昔はよく食べられていた


日本では、縄文時代からどんぐりは貴重な食料として食べられていたんです!

食べ方は栗などと一緒で硬い殻をむいて中身を食べていました。

どんぐりはそんな昔からみんなに食べられていた、歴史のある食べ物なんですね。

最後に


どんぐりが食べられることがわかって、魅力が一段とアップしてしまいましたね!
朝鮮半島では食用としてどんぐりの粉が売られているくらいだそうです。

最後に箇条書きでどんぐりについてまとめてみますね。

  • どんぐりはどんな種類でも食べることができる
  • 生食ができる種類もあるが、炒ったら香ばしくなる
  • どんぐりは種類によって味が全然違う
  • どんぐりは灰汁が強いので、茹でて天日干しにして浸水させる
  • アミノ酸をはじめ、ビタミンやミネラルが豊富に含まれる

以上です。
結構いいことが多いですよね。

わたしも、かなりどんぐりの味が気になってきたので、
少しお散歩がてら出かけてドングリを拾いに行こうかなと思います。

童心に返って、楽しくどんぐりを拾っちゃいましょう!

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ