秋の果物!旬なものを大特集!

秋といえばやはり食欲の秋!
巷には美味しいものでいっぱいになりますよね。
しかし中でも忘れてはならないのが果物です!
わたしも秋におこなわれるフルーツ狩りには毎年必ず足を運ぶほどで、美味しい果物がたくさんあるんですよ♪
そこで今回は秋に旬を迎える果物をランキング形式でご紹介したいと思います。

Sponsored Links




秋の旬な果物ベスト5!


秋に収穫できる果物を、ランキング形式で第5位からお届けいたします♪

  1. ぶどう


    ブドウ1

    ぶどうの王様、巨峰をはじめとした秋の果物。

    名産地の山梨県ではあちらこちらにぶどう狩りの幟が立っており、
    栽培が盛んなのが一目でわかります。

    ぶどうは食べる以外にもワインやジュースなどに使われており
    、同じく秋にその年のワインが発表されます。

    大人も子どもも楽しめるぶどう、一度家族でぶどう狩りに出かけてみてはいかがでしょうか?


  2. カキ1

    ここで秋の和風フルーツである柿が入ってきました!
    旬は10月、11月と短いのですが干し柿などで
    1年中楽しめる保存食として活用されています。

    もっとも出荷量が多い種類の柿は11月に出荷されるため、
    やや秋としては遅めの旬といったところでしょうか。

    熟れた柿を冷凍すると、シャーベットみたいに美味しく食べられますよ♪
    また柿は栄養価も高く効能もたくさんあるため、旬の時期にたくさん食べておくことをオススメします!

  3. りんご


    リンゴ

    青や赤、黄など様々な色の種類があるりんご。
    旬は秋から冬にかけてで、
    品種によっては春までと長い期間楽しめるのがりんごの良いところですね。

    収穫後冷蔵することで非常に長持ちするところも魅力です。
    寒いところで育つため、りんごといえば青森があまりにも有名ですよね。

    りんごは果物として生で食べる以外にも料理に使ったり、
    肉の漬け込み液に使ったりお菓子にしたり様々な用途が選べます。


  4. Sponsored Links




  5. ナシ

    和梨は9月が旬の、まさに秋の味覚です。
    シャリシャリとした独特の食感はクセになってしまうほど
    ジューシーでみずみずしい食べ心地です!

    和梨は冷やすと甘みが増すので、
    食べるときは冷蔵庫で冷やすのがオススメです。
    旬の時期が短いため、収穫後すぐに出荷されます。

  6. いちじく


    いちじく1

    夏にも収穫ができますが、秋に収穫されるほうが美味しいので秋を旬としました。
    ジューシーでみずみずしく、赤ワインで煮たり、生のままいただける果物です。

    よくケーキ屋さんで季節のタルトとして売られていますよね♪
    生で食べる場合は、食べる2時間前に冷蔵庫に入れると甘みが損なわれません。




まとめ


やはり第1位は秋の果物の王様、ぶどうでしたね!
巨峰やデラウェアなど、様々な品種があるぶどうは秋の味覚狩りでも楽しめます。

その他にも主に和風の果物が多い印象がある秋の果物ですが、
独特な味や食感のものも結構ありますよね。

最近では夏から一気に冬のような気候になってしまうため秋はかなり短い間ですが、
存分に楽しんで味覚狩りをしちゃいましょう!

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ