キティちゃんの年齢は?中年って本当?!

猫のような風貌で、左耳には大きな赤いリボンをつけている可愛いキャラクターは?
と聞かれたらほとんどの女性は「キティちゃん」と答えるでしょう。

それほどキティちゃんは世の女性たちに浸透しているわけですが、
キティちゃんの細かな設定などは知らない人がほとんどなのではないでしょうか?

そこで今回は、キティちゃんの年齢など
皆さんがあまり知らない情報を詳しく掘りさげてみたいと思います!
一緒にキティちゃんマニアを目指しましょう!

Sponsored Links





キティちゃんは何歳?年齢設定はある?


今は様々なジャンルの商品ともコラボして、いろいろな顔を見せているキティちゃんの年齢ですが一体いくつくらいだと思いますか?
ここではキティちゃんのプロフィールを詳しく説明していきますね。

1…プロフィール


キティちゃんの本名は、キティ・ホワイトと言います。

キャラクターとして生み出されたのは1974年ですので、もう40歳以上になるんですね。
ちなみに誕生日11月1日
これはキティちゃんの初代デザイナーの誕生日からとったものです。

出身地は当時若い女性の憧れの地であったロンドンの郊外

身長はロンドン産のりんご5つ分の高さ、体重は同じくロンドン産のりんご3つ分の重さです。
あまり想像はつきませんが、コロンとした体格のようですね♪

血液型は日本人に一番多いとの理由でA型に設定されました。

2…家族・ボーイフレンドは?


キティちゃんの家族やボーイフレンドについてご紹介します。

●家族

父ジョージ商社マン母メアリー専業主婦でなんと元ピアニストという華麗なる経歴を持ちます。
趣味はお菓子づくりで、キティちゃんの大好物ママのつくったアップルパイです!
アップルパイには、ロンドン産のりんごを使うんでしょうね。

そして双子の妹ミミィ
左耳の赤いリボンは母メアリーがミミィと見分けるために付けられたもので、
ミミィは右耳に黄色いリボンを付けています。

そして絵描きが趣味の祖父アンソニー、刺繍が趣味の祖母マーガレットの6人家族。

●ボーイフレンド

そしてさらにキティちゃんにはボーイフレンドまでいるという充実ぶり!

ボーイフレンドはダニエル・スターという、キティちゃんと同い年の幼なじみ。

幼い頃カメラマンであるダニエルの父の転勤で南アフリカへ行ってしまい、
離ればなれになるもその後再開して交際に至ります。

この家族プロフィールからキティちゃんが幸せな家庭で育っていることが伺い知れますね!

キティの名は後から付けられた?


実ははじめは名前がなかったので「名前のない白い子猫」などと呼ばれていました。

しかしキティちゃん誕生の翌年、不思議の国のアリスに登場する、
アリスが飼っている子猫にちなんでキティという名前が付けられたのです。
ちなみに姓であるホワイトは後付けされました。


Sponsored Links




当初は男の子だった?


実はキティちゃんが世に出始めた当初、
サンリオグッズの購入特典についてきたミニブックをみると、

双子の妹ミミィがキティちゃんのことをハッキリ「お兄ちゃん」と呼んでいるんです!

確かにキティちゃんの服装はリボンこそ赤色ですが、
紺色のサスペンダーズボンなので確かに男の子としても通用するかも…と思わざるを得ないですね。

口がない理由は?


キティ1

そういえばキティちゃんには口がありませんね。
それは口があることによって感情が表に出てしまう、

キティちゃんを見た人と感情を共有したいとのことであえて書かないことにしているのだとか。
でもアニメーションでは、製作の進行上口が描かれてはいます。

デザイナーは3代目


キティちゃんの歴史として、デザイナーが3人いるということをお伝えしておきます。
初代、2代目とキティちゃんを背負ってきましたが、次第に人気が低迷してきた時期がありました。

しかしその時に交代された3代目デザイナーの山口裕子氏が、
キティちゃんが飽きられないように全国でサイン会を開いたり毎年柄を変えたり、
対象年齢によってデザインを変えるなどの工夫を凝らして、
見事キティちゃんの人気に再び火をつけることができたのです!

まとめ


キティちゃんの知らなかった事実が明らかになりましたね!
ここでわかりやすくまとめてみたいと思います。

  • キティちゃんは1974年11月1日生まれで、なんと40歳以上!
  • 家族は6人ボーイフレンドのダニエルがいる
  • 当初は名前がなく、男の子の設定だった!
  • デザイナーは3代いて、現在の3代目がキティちゃんの人気に再び火をつけた

以上です。
どれも、誰かに話したくなるような内容ばかりでしたね!
これであなたもキティちゃん通ですよ♪

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ