クリスマスイブ!イブの意味ってXmas前日でないって本当!?

名前を聞くだけでワクワクドキドキ、
場合によってはニヤニヤしてしまうクリスマスイブ!

でもなんだか最近はメインがクリスマスイブで、
クリスマスはオマケみたいな扱いだと思いませんか?

そもそもクリスマスイブって何をする日なんでしょうか。
そして、クリスマスイブのイブとはどんな意味があるのでしょうか?

クリスマスイブの過ごし方と合わせてご覧ください。

Sponsored Links




クリスマスイブの意味


クリスマスイブは12月24日だと日本ではとらえられていますが、
実はキリスト教としては24日の晩という意味になります。

eve = evening(夜・晩)ということですね。


なので正確にはクリスマスの前夜のことになります。

期間でいえば、クリスマスイブ24日の日没から25日の0時まで(深夜)ということです。

教会暦でいうと「クリスマス」24日の日没から25日の日没まで
ということになっているので、
クリスマスイブもクリスマスの中に含まれているということになります。

クリスマスイブの過ごし方


聖なる夜とも言われクリスマスより盛り上がりを見せるクリスマスイブですが、
実際どのように過ごすのでしょうか。

アメリカ日本でのクリスマスイブの過ごし方の違いをみてみましょう。

アメリカでは?



アメリカではクリスマスイブは家で家族と一緒に過ごすという人がほとんどです。

キリスト教徒が多く家族を大切にする風習が強いアメリカ人は、
仕事はサッサと切り上げてご馳走と子どもたちの待つ家へ一直線に帰ります。

そこで親戚一同集まった家族で夕方教会に出かけるのです。

子どもたちが寝静まってからも大人は遅くまで楽しみ、
最後にサンタクロースとしての「お仕事」をしてから眠りにつきます。

日本のように宗派関係無しのクリスマスイブとは違うため、
ほとんどが家で過ごすのがアメリカのクリスマスイブなんですね。


Sponsored Links




日本では?


一方日本ではほとんどの人が宗派は関係ないため、好きなように過ごす人が多いです。

  • 恋人とふたりでラブラブに過ごす
  • 友達とワイワイ騒いで過ごす
  • 家族と一緒に過ごす
  • ひとりを楽しみながら過ごす


日本のクリスマスイブには様々なドラマがあるわけですね。

個人的に一番憧れるクリスマスイブの過ごし方は恋人とふたりで過ごすパターンですね。
オシャレしてちょっと高級なレストランで食事をして素敵なホテルに泊まる…
素晴らしいではありませんか!

しかし実際はほとんど家族でご馳走を作って過ごしていたので
我が家のクリスマスイブはアメリカ流だったのかもしれません。

教会では?



教会ではクリスマスイブにはスペシャルプログラムが組まれていることが多いので、
多くのキリスト教徒がクリスマスイブに教会を訪れます。

教会には家族みんなで夕方から夜にかけて行く人が多いようです。
キリスト教の教派にもよりますが、ミサは厳かな雰囲気の中でおこなわれます。

他にも子どもたちによる劇やベルの演奏など、
大人から子どもまで楽しめる温かみのある雰囲気がクリスマスイブの教会にはあります。

まとめ


クリスマスイブの過ごし方について様々な角度からみてきましたが、いかがでしたか?
最後にわかりやすいようにまとめてみましたのでご覧ください。

  • イブの意味24日の晩。eve = evening(夜・晩)
  • アメリカでは家族親戚一同が集まり、
    みんなで教会に行ったのち家で過ごす人が多い
  • 日本では宗派の関係があまりないので個々で自由に過ごしている
  • 教会ではクリスマスイブにちなんだイベントを数多くおこなっている

以上です。
聖なる夜であるクリスマスイブ、後悔のないように楽しく過ごしたいですよね。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ