お年玉の相場!赤ちゃんはあげなくていい?!

お年玉といえば、子どもたちにあげるお金のことを言いますが、赤ちゃんにはどうしますか?
ちなみにわたしは赤ちゃんが産まれて初めてのお正月は、見事にスルーされてしまいました(笑)
でも、そもそも赤ちゃんへのお年玉は果たして必要なのでしょうか?
今回は赤ちゃんへのお年玉についてと、あげる場合の相場、
そもそも赤ちゃんにお年玉が必要なのかなどを考えていきたいと思います。

Sponsored Links



赤ちゃんへの相場は?


産まれたばかりの赤ちゃんにあげるお年玉は、出産祝いを渡しているかどうかで多少変化するようです。
出産祝いを渡している場合は1000円が相場で、渡していない場合は2000円が相場です。
そこまで大きい金額じゃなくて少し安心しました(笑)
赤ちゃんに10000円とかはさすがにあり得ないですもんね!
あとは図書カードで、「赤ちゃんに絵本を買ってあげてね」と一言添えて渡すのもアリかなと思いますよ!

赤ちゃんにお年玉は必要?


そもそも赤ちゃんにお年玉は必要なのかという話ですが、まず自分の子どもが赤ちゃんのときにお年玉をもらったことがあるならば、そのときくれた人に赤ちゃんが産まれたりしたときは必ず渡します。
あとは正直個人の自由ではないかなと思いますよ。
わたしは自分の子どもが赤ちゃんのときにはお年玉は誰からもいただきませんでしたが、特に気になることもありませんでしたし。
お世話になった人だったりしたときは「ほんの気持ち」程度をぽち袋に入れてお渡しすれば良いのかなと思います。

あげる派、あげない派の考え


それではここであげる派、あげない派の考えをそれぞれご紹介したいと思います。

・あげる派


やはり赤ちゃんといっても子どもの一員。
兄弟がいる場合などは差別できないため、渡すようにしているという意見が多いようですね。
確かに赤ちゃんも子どもの一員です。
でもお金は結局親が使うことになるのでしょうか?
赤ちゃん名義の口座でもあれば安心してあげられますよね♪


Sponsored Links




・あげない派


赤ちゃんはまだ自分の意思がなく、結局は親の意向でお金を使うことになってしまうから、自分の意思がはっきりするまではお年玉は必要ないのではないかという意見が目立ちました。
やはりあげない派は赤ちゃん自身がお年玉をもらったという意識がないから意味がないと思っているのですね。
どちらの言い分も納得がいくものだったので、やはり最後は個々の自由なのでしょうね…。

おわりに


赤ちゃんへのお年玉について語ってきましたが、どう思いましたか?
あなたはあげる派?あげない派?
ここでわかりやすくまとめてみたいと思います。
・赤ちゃんへのお年玉の相場は1000円という人が多い
・赤ちゃんにお年玉をあげるのは、お返しの意味や感謝の気持ちを込めてということが多い
・あげる派、あげない派どちらの意見も賛同できるため、結局は個々の自由
・お年玉をもらった場合はお返しをするか、買ったものを見せるなどしてお礼を忘れずに!
以上です。
わたし自身はどちらでもよい派ではありますが、やっぱりもらったら嬉しいには違いないですよね!

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ