赤ちゃんの足が冷たい!靴下は履かせない方がいい?!

赤ちゃんの足が冷たくて、ぎょっとしたことはありませんか?

私も娘の足があまりにも冷たいので、
冷え性かしら?なんて思った時期もあります(笑)

そんなときは思わず靴下を履かせたくなってしまいますが、
ちょっと待ってください!

赤ちゃんの足が冷たいのにはきちんとした理由があるんです。

今回は
赤ちゃんの足が冷たい!靴下は履かせた方がいいのか?
についてご紹介したいと思います。

合わせて、我が娘の靴下事情もご覧ください。

Sponsored Links





足が冷たい理由!大丈夫?


靴下

赤ちゃんはまだ体温調節機能が未熟なので、
手足が温度センサーとなり体温を調節しているのです。

体が暑いなと感じた場合は、足が冷たくなって体温を逃していくんです。

逆に厚着をあまりさせずに心地よい体温になった場合は、
足が温かくなって寝る態勢になるというわけです。

だから、赤ちゃんの足が冷たいのは体温が適温ではないという証拠なんです。

足の温度が冷たいときは一度着替えさせるのが良いですよ。

靴下を履かせた方がいい?


では気になるのが、赤ちゃんに靴下を履かせた方がいいのかということになりますよね。
そこで室内、外出時とそれぞれ靴下が必要かどうか説明していきたいと思います。


①室内


室内では温度が適温になっている場合がほとんどなので、靴下は特に履かせなくても大丈夫です。

むしろ靴下を履かせていると滑りやすくなり、
ハイハイやタッチなどがしにくくなりますし思わぬ怪我の原因にもなります。

②外出時


外出時は、外気温が20度を下回った場合は大人でも少し寒いなと感じるくらいになるので
靴下を履かせた方が冷えを防止することができます。

夏場などは蒸れて汗をかき、
そこからまた足が冷えてしまうことがあるので靴下は不要です。
裸足でのびのびと生活させましょう。


Sponsored Links



温めすぎると良くないって本当?


赤ちゃんはもともと体温が高いので、温めすぎは良くありません。

汗をたくさんかいて冷えてしまいますし、
温めすぎ乳幼児突然死症候群の一因ともされています。

大人が少し寒いなと感じるまでは
赤ちゃんは裸足でいさせたほうが体温はちょうどよくなりますよ。
だいたい22度くらいをキープさせるように調節しましょう。

調節しやすいように、重ね着などをさせると良いかもしれませんね。

我が家の場合



室内では年中裸足で、
外出時秋から冬にかけて靴下を履かせています。

家の中では活発に動き回っているため、裸足でないと危ないというのもあります。

外出先ではやはり冷えるので秋は短い靴下を、冬は長い靴下を履かせています。
だいたい3足持っていれば間違いないでしょう!

足の冷え=体の冷えと考えずに、

まず体が冷えているかどうか確認するときはお腹を触っいました。
足があったかくなっていると眠いのだと思って寝かせていました。

まとめ


赤ちゃんの足元事情を説明してきましたが、いかがでしたか?
ここでわかりやすいようにまとめてみたいと思います。

  • 赤ちゃんの足は体温調節の温度センサーのはたらきをしている
  • 室内では適温になっていれば年中裸足でオッケー
  • 外出時秋から冬にかけて靴下を履かせて冷えを防止する

以上です。
赤ちゃんの足をこまめに触ってみて、体温が適温かどうか確認していくといいですね。
冷えていたら少し着替えさせて薄着にしてあげましょう。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ