赤ちゃんの散歩!冬に行くメリットとは!?

赤ちゃんにとって様々な良い刺激を与えることができるお散歩。

でも冬の散歩となると外はとても寒いし風邪を引かせてしまうんじゃないかと、
ついインドア派になってしまいますよね。

私は娘が生まれてからは冬でも積極的に外に出ていました!
寒さも含め、いろんな物を感じとってもらいたい!なんて考えていたからです。

そこで今回は、赤ちゃんの散歩!冬に行くメリットとは!?
についてお話させていただきます。

おすすめの時間帯我が家のケースも合わせてご覧ください。

Sponsored Links





冬のお散歩のメリット


冬は寒いからとあまり積極的にはお散歩しないという人も多く見られますが、
実は冬のお散歩にもメリットがあるんです。

  • 外気を吸うことで呼吸機能の発達
  • ほどほどな日光浴
  • 室内外の気温差体温調節機能を鍛える

お母さんと一緒に季節を感じながら歩くということは、
しゃべることができない赤ちゃんでも体感でいろんなことを吸収してくれています。
赤ちゃんの感性が育つ時でもありますから、
冬でもいろんなものを見せて教えてあげましょう!

注意点は?


注意点といえばまず第一に服装です。


防寒対策はしっかりとおこない、
首元から冷えやすいのでマフラーを巻いてあげると良いでしょう。

足元は長い靴下を履き
ファーストシューズをもう買っている赤ちゃんならブーツを履かせてあげると暖かいです。

そして、
お母さんも寒さ対策はバッチリして風邪を引かないようにしてくださいね。

時間帯はいつがいい?


冬に赤ちゃんとお散歩をするなら、
晴れた日のお昼1時から2時くらいの間の1時間程度で十分です。

お昼ごはんを食べてからお散歩小一時間に出かけて、
帰ってから少しお昼寝するというのが理想的ですね。

冬は朝と3時以降はかなり気温が下がりますので、
この時間帯には暖かいお家の中にいたほうが赤ちゃんにとっては良いと思います。


Sponsored Links




お散歩の時間はどのくらい?


先ほどもチラッとお話しましたが冬は気温も低いですし、
ほんの少し気分転換ができれば良いのでお散歩の時間は小一時間にとどめておきましょう。

お母さんが寒いなと感じるようであれば、
おうちの周りを一周するだけでも構いません。

あくまで赤ちゃんにとっては「外の空気を吸う」ことが大切なので、
時間にこだわらず10分でも30分でももちろん良いので晴れた日はお散歩するようにしましょう。

うちではこうでした!


散歩 冬

わたしはかなりの寒がりで、冬はほとんどインドアだったんですが・・。

娘が産まれてから
季節の景色を見せてあげるのが楽しくて、かなり出かけていました。

また私自身も家に閉じこもっているストレスを知らず知らずのうちに感じていたので、
お散歩でストレス発散ができていました。

寒かったですがなんとか風邪をひくこともなく、
元気にしていたので冬の気分転換も兼ねたお散歩は良かったのかなと思っています。

お散歩のおかげでストレスがうまく解消されているからなのか、
夜泣きはしないしよく食べて寝てくれていたように思います。

まとめ


赤ちゃんの冬のお散歩についてお話してきましたが、いかがでしたか?
ここでわかりやすくまとめてみたいと思います。

  • 赤ちゃんにとって冬のお散歩は、
    季節を感じることができる絶好の機会
  • 冬のお散歩は晴れた日の、昼間の暖かい時間帯にする
  • 時間は小一時間以内で出かける
  • 防寒対策は母子ともにしっかりと!
  • ママのストレス発散になります!


以上です。
赤ちゃんと、冬でも楽しくお散歩を続けてくださいね!

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ