赤ちゃんの風邪!お風呂はいつからOK?!我が家のケースは?

赤ちゃんといえば、小さな体ゆえにちょっとしたことで風邪を引きやすいものですよね。
でも毎日欠かさず入っていたお風呂、

赤ちゃんが風邪を引いている場合、お風呂はどうすれば良いのでしょうか?

大人は風邪を引いたらお風呂に入らないで寝たほうが早く治るといいますが、
赤ちゃんも同じなのでしょうか?

そこで今回は赤ちゃんの風邪のときのお風呂はいつからOK?
なのかについて調べてみました!

我が家の娘の場合も交えてお話させてもらいますよ☆

Sponsored Links



風邪だけどお風呂はいつからオッケー?


赤ちゃんの風邪の具合が

  • 38.5度以下
  • 機嫌が悪くない

このような場合はお風呂に入れても大丈夫なことが多いです。
基本は様子をみながらですね。


ちなみに、赤ちゃんの平熱
36.5~37.5度と大人より高いです。

お風呂の3つのメリット


  1. お風呂は精神をリラックスさせる
  2. 蒸気が鼻の通りを良くして呼吸が楽に!(気管を広げる役割)
  3. 清潔に保てる

赤ちゃんも解熱後は汗でベタベタしていて気持ち悪いでしょうから、
お風呂でさっぱりさせてあげましょう。

治りかけ・軽い風邪でお風呂に入れる場合の注意点


風呂

それでは治りかけや軽い風邪、つまり鼻水や軽い咳のみの症状が残っている場合は、
お風呂には入っても大丈夫ですが2つの注意点があります。

①機嫌が悪いときはやめる


いくら風邪の症状が軽くても、
赤ちゃんの機嫌が悪いときにはお風呂に入れるのはよしましょう。
具合が悪くて機嫌が悪いことも多々ありますので。

赤ちゃんの基礎免疫力は大人に比べて低いので、注意が必要ですよ!

②長風呂は避ける


風邪の治りかけや軽い症状の赤ちゃんは
普段より免疫力や体力が下がっていますので、
ささっと汗を流して上がるようにしましょう。

大人でもそうですが、お風呂に入るのって、結構体力を使うんですよね。
風邪や熱で身体が消耗している場合は特にですね。
長風呂は避けましょう。


お風呂からあがった後の注意点


風呂2

お風呂からあがった後の注意点ですが、
脱衣所や部屋の温度調節をすることが大切です。

せっかくお風呂で温まっても、
脱衣所が寒ければからだが冷えて余計風邪がひどくなってしまいます。

汗がうまい具合に引く程度に部屋を暖めておくことをオススメします。
夏場はエアコンを一度切っておいて、冬場は24度設定にしておきましょう。


Sponsored Links




こんな時はお風呂に入れない方がいい


ある程度の風邪ならばお風呂は逆に良い効果が期待できるということがわかりました。
しかし、お風呂に入らない方がいい場合もありますのでご紹介していきますね。

①熱が38.5度以上ある


赤ちゃんの高熱の定義は38.5度以上からとなります。
体力をかなり消耗していることが考えられますので、
お風呂はお休みして様子を見つつ次の日まで持ち越しましょう。

汗は濡らした温かいタオルで拭くようにしてあげると少しはさっぱりしますよ。

②赤ちゃんの機嫌が悪いとき


これは微熱の場合でも当てはまるのですが、赤ちゃんの機嫌が悪いときは
何かしら具合が悪くてぐずっている可能性があるため、お風呂はお休みしましょう。

赤ちゃんの機嫌が良くなったら改めて短時間で済ませるようにお風呂に入れてあげてください。

うちの場合は


9ba56d728e83e4e5948d835a0f39570d_s

我が家では、微熱のときは割と機嫌が悪い日が多かったので
基本的にお風呂には入れていませんでした。

あせもが心配だったので


お風呂に入れなかったときに一番気になるのがあせもでした。

●我が家の場合は3つのあせも予防をしていました。

  1. オムツを交換する際に汚れやすいお尻にお湯をささっとかけてあげて洗い流す
  2. 温めた濡れタオルで手足を包むように汗をふき取る
  3. あせもになりやすい関節部分とお尻、首の後ろはこまめに汗を拭く

この3つをやっているとあせもはほとんど出ませんでした。


まとめ


赤ちゃんが風邪を引いてしまったときのお風呂についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?
ここでわかりやすくまとめてみますね。

  • 微熱でも機嫌が良い時にはリラックス効果もあるため、お風呂に入れた方がいい
  • 治りかけの場合は長風呂に注意して、赤ちゃんの様子を見つつ入れる
  • お風呂をあがった後の室温にも注意する
  • 高熱時、機嫌が悪いときはお風呂は避ける
  • お風呂に入れなかったときはあせもができやすい関節やお尻などをこまめに拭く

以上です。
赤ちゃんの機嫌や様子をしっかりみて、お風呂が良い効果を生むように工夫していきたいですね!

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ