赤ちゃんの室温!冬の夜、寒い日はどうする?

冬の寒い日、必ず室内では暖房を入れて快適に過ごせるように調節しますよね。
もちろん赤ちゃんがいる場合はより室温に気を使うと思います。

我が家でも、室温・湿度は徹底していました!

ただ大人が快適に感じる室温赤ちゃんが快適に感じる室温って、
果たして同じなんでしょうか?

そこで今回は赤ちゃんにとって快適な冬の室温についてお話していきます。


Sponsored Links





赤ちゃんの冬の室温はどのくらい?


室温1

それでは早速赤ちゃんが快適に冬過ごすための室温をご説明しますね。

暑くもなく寒くもないちょうど良い室温は、

● 22~23度

だといわれています。


エアコンの温度設定は22度にセットしておいて、
適宜調節するようにすれば良いでしょう。

赤ちゃんも1歳までは体温調節が未熟。

汗をかいていないか、おなかが冷えたりしていないかなど
赤ちゃんの様子をチェックしながら室温に気を配りましょう。

寝るときの暖房はつけっぱなし?


148956

赤ちゃんは眠りにつく前に自分の体温を下げていきます。
ところが室温が高いままだと体温調節がうまくいかずに汗ばかりかいてしまい、
機嫌が悪くなって寝ることができないということになりかねません。

また室温が高いと乳幼児突然死の確率が上がるといわれています。

寝るときには暖房は切って、
少し涼しいくらいで寝かせるようにしましょう。

赤ちゃんにとっては大人が少し寒いなと感じる程度の室温がちょうどいいものです。

大人は赤ちゃんに合わせて、
厚着をして寝たり布団を1枚増やしたりして調節をしましょう。

オイルヒーターは大丈夫?


赤ちゃんはネンネ期ならば
ハロゲンヒーターオイルヒーターなどで暖をとってもいいのですが、

赤ちゃんはすぐに成長して寝返りし、動き回るようになります。

そうなると地面に置くタイプの暖房器具は危険になりますので、
エアコンに切り替えるようにしましょう。

安全設計のヒーターもありますが↓



エアコン使用は空気が乾燥してしまうので、

加湿器の併用を忘れずに!
エアコンはタイマー機能を上手に使いましょう。


Sponsored Links




うちの場合は


我が家では冬にはもうハイハイを始めていたので、
今まで使っていた地面に置くタイプの暖房器具は一切使えませんでした。

エアコンのみ22度にセットして使っていました!


寝るときは、

タイマーで1時間後にエアコンが切れるようにセットしておいて、
起きる1時間前にスイッチが入るようにしていました。

子どもは寝相が本当に悪く、
布団を蹴飛ばしてしまうのでスリーパーという着る布団を必ず着用していました。

加湿器はフル活用していたので、
ベッド横にペットボトルに水を入れたものを常備しておいてすぐ補充できるようにしていました。
こうすることで加湿器もスムーズにフル活用することができました。

湿度はどのくらい?


113186

赤ちゃんにとって室温さえ調節すれば良いというわけではなくて、
同時に湿度の調整も大切になります。

湿度は加湿器などを利用して40~60%に保つようにしましょう。

赤ちゃんと同じ目線の高さに温度計と湿度計を用意して、
こまめにチェックすると良いですよ☆

また暖かい空気は上のほうにたまっていってしまうので、
サーキュレーターなどがあると部屋の温度を均一にできるため、
底冷えを防ぐことができます。

まとめ


赤ちゃんに適した冬の室温に関してお話してきましたが、いかがでしたか?
ここでわかりやすいようにまとめてみたいと思います。

  • 赤ちゃんにとって快適な冬の室温は22~23度
  • 寝るときの暖房はつけっぱなしにしない
  • 部屋が暖かすぎると赤ちゃんの寝つきが悪くなるばかりか、
    乳幼児突然死の危険性も…!
  • 動きが活発になってきた赤ちゃんがいるときはエアコンがおすすめ
  • エアコンは空気が乾燥するため加湿器が必須アイテム
  • 部屋の湿度は40~60%くらいがベスト

以上です。
赤ちゃんの快適な眠りは発育にも影響します。
室温を調節して、赤ちゃんの健やかな成長をお手伝いしましょう。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ