部屋が寒い!対策は3か所を防寒するとグッド!

冬は寒い外から帰ってきても、部屋が寒くて滅入ってしまうこと、ありませんか?
せっかくのくつろげる我が家をより快適にできるように
一工夫加えることで寒さをシャットアウトできるってご存知ですか?
どれも簡単にできることばかりなので試してみると良いですよ!

Sponsored Links





部屋のここに対策を!


実は部屋の中には防寒対策ができる箇所がたくさんあるのです!
代表的な3つをご紹介しましょう。

1. 床


特にフローリングの床は掃除はしやすいですが、冬は非常に底冷えしますよね。
そこで床にカーペットやコルクマットを敷くようにすれば、寒さを防げるだけでなく防音にも役立ちます。
我が家はマンションなので一軒家程の底冷えはしませんが、
コルクマットを敷くことで物を落としてしまったり子どもがドタバタしたときなどに大きな音がしなくなり、助かっています。

2. 窓


窓というのは防寒対策においては必須な個所と言えるでしょう。
そこで窓に断熱シートやプチプチ(衝撃緩和剤)を貼って二重窓のような感じにします。
またカーテンですがこちらは長めの、厚手のものを使用しましょう。
カーテンも立派な防寒アイテムなのです。
レースカーテンの代わりに冬だけビニールカーテンにするという手もあります。

3. ドア


ドアには、下の部分にすきま風を防止するテープを貼ります。
また玄関の新聞受けのすきまなどにも忘れずに貼っておきましょう。
押しの一手で縦に貼っておくのもいいかもしれません。
外気がスムーズに室内に侵入できなくなるので防寒として役立ちます。

今ご紹介した便利なアイテムたちは、100円均一のお店化ホームセンターなどに売っています。
事前にドアや窓の寸法を測ってから買いに行くと無駄がないかもしれません。

暖房とサーキュレーター


サーキュレーターとは、扇風機のような風貌で、室内に流れる空気を一定に保つはたらきをする今注目の家電です。
それによってエアコンによる暖房の効果をアップさせて、結果暖房費を節約させることができるというわけです。
ではここでサーキュレーターをより上手に使うための置き方を3種類あげてみましょう!

1. エアコンの真下におく
2. 高い位置の上から下に吹き降ろす
3. 真上に向ける

サーキュレーターは家電量販店で安いものだと2000円くらいで売っているため、是非有効活用しましょう!


Sponsored Links




あなたも厚着を!


さて部屋が寒いときは設備に一工夫することも大事ですが、自分自身の服装も工夫して体温調節をしましょう!
では部屋の中で厚着をするために必要なアイテム4つをご紹介します。

1. ルームシューズかモコモコ靴下


足を温めるだけでずいぶん違う気がします。
できるならば足湯をしてから靴下を履く用にすると保温性抜群になります。

2. 羽織もの


脱ぎ気がしやすいパーカーやカーディガンなどの羽織ものも必須です。
部屋の中でも動きやすいものをチョイスしましょう。

3. ブランケット


ちょっと椅子に座るときなどにかけるようにすれば暖を取ることができます。
マイクロファイバーのものは触り心地も良く、癒されますよ。

4. マフラーかストール


体を温めるためには「首」と名前の付く場所を温めることが大切です。
手首は長袖、足首は靴下、首はマフラーで温めましょう。

5. 下着


毛糸のパンツ、ババシャツ、腹巻は女子の防寒対策三種の神器ですね!


最後に


いかがでしたか?
簡単に手に入るアイテムでちょっと工夫するだけで暖房費を大幅に減らすことができるんですね!
わたしも早速実践してみようと思います。
また服装の上で肝心なことは「頭寒足熱」を意識することです。
首から下をしっかり温めましょう!

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ