バレンタインといえば!私の思い出・体験談とは!?

皆さんはバレンタインというとどんなイメージを持っていますか?
わたしはやはり好きな人にチョコを渡す日って感じですね!
或いは、普段お世話になっている人に感謝の言葉とともにプレゼントをあげる日…。
どちらにしても、バレンタインはハッピーになれる日というのは間違いなさそうです!
そこで今回はバレンタインのイメージについて考えてみるとともに、
わたしのバレンタインにまつわる体験談もお話したいと思います。

Sponsored Links





バレンタインといえば?


バレンタインといえばチョコ、チョコといえば手作り…。
そう、わたしはバレンタインといえば手作りチョコを渡すタイプでした!
というか、チョコを作っているだけで満足して後はどうでも良かったりしたんですけど(笑)
とにかくホワイトデーのお返しが楽しみで仕方なかった、ちょっと悪い考えの持ち主でした。

小学生の頃からバレンタインが近づくと、女子たちはチョコを誰に渡すかという話題でもちきり!
わたしももちろんその話題にのって盛りあがっていました。
お年玉の一部を使ってラッピング用品からお菓子のデコレーションまで全て買い揃えていた力の入れようで、
今思えばあの小学生の頃が一番バレンタインに力を入れていたように思います。
今は「適当に買っておけばいいや」ですからね(笑)

わたしの思い出は?


バレンタインの思い出といえば、
これまた小学生の頃に新年早々にラブレターを貰いまして「バレンタインにチョコが欲しいです」って書いてあったんですね。
特にわたしはマークしていない男の子だったので興味はなかったのですが、その男の子がお金持ちでして(笑)

お返しに豪華なお菓子を貰えるかも!


Sponsored Links




と、一念発起してチョコを手作りしてあげたわけです。
…結果的には男の子はたいそう喜んでいてハッピーになれましたし、
お返しも超有名ブランドのお菓子詰め合わせだったのでみんなハッピー!

ですが、お返しのためにチョコをあげた罪悪感は小学生ながらに感じていましたね…。
今では誰かにチョコをあげるというより、
有名ブランドのチョコを百貨店に買いに行って自分自身にプレゼントすることが毎年の習慣になっています。

今は結婚しているので家族でいただきますが、
やはり自分へのプレゼントが一番豪華だったりするんですよね。

バレンタインは自分がハッピーになれる日だと勝手に思っています☆

まとめ


バレンタインについての思い出話をご紹介しましたが、いかがでしたか?
わたしは小学生からチョコをあげていましたが、お返し欲しさにあげていた時期もあったというお話でした(笑)
今は昔に比べて見た目も華やかなチョコがたくさんありますから、わざわざ手作りするような時代ではないのかもしれませんね。
ただ、わたしのように自分自身にプレゼントするという人も割と多いのではないでしょうか?
普段頑張っている自分へのご褒美として、有名ブランドのチョコと何か一品あると良い感じですね☆
次のバレンタインはどんな可愛いチョコが出てくるのか楽しみです!

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ