赤ちゃんの薬の飲ませ方!シロップを嫌がる場合!?

赤ちゃんに薬を飲ませるときって本当に悪戦苦闘しますよね…。
なかでもわたしはシロップが苦手で、あげるとき必ず服にこぼしてしまったり全部飲ませられなかったりしていました。
そこで今回は、シロップだけじゃなくて粉薬に関しても、飲ませ方を説明していきたいと思います。

Sponsored Links



赤ちゃんの薬の飲ませ方


① シロップ


シロップは液体なので飲ませ方は簡単なのですが、こぼさないように飲ませるのがちょっと大変だったりします。
スポイトがあると赤ちゃんの口に入れやすいので便利です。
そのほかにはスプーンで直接飲ませる方法があります。

わたしが薬局で説明されたのはこの方法でしたが、
子どもがスプーンをはねのけた拍子にぶちまける、さらにシロップがベタベタで大惨事になった記憶があります…。
そのためあまりスプーンで飲ませることはおすすめしません。

シロップはやはりスポイトを購入して飲ませるのが一番ですね!
薬局によってはスポイトを無料でくれるところもあるみたいですよ。

② 粉薬


さて、続いては粉薬です。
粉薬は赤ちゃんだと大人のように水で飲むことはできないので、何らかの形で飲ませなければなりません。

薬局で教わったのは水に溶いてスプーンで飲ませてくださいとのことでしたが、
やはりこぼれてしまったり赤ちゃんが味に気付いて飲んでくれなかったりしたので、役には立ちませんでした。

先ほどのスポイトで一気に上げてしまうなら良いやり方だと思いますけどね。
わたしは後程お話ししますがヨーグルトにかける砂糖のように粉薬をかけて食べさせていましたよ。

嫌がる場合は?


子どもが薬を飲むのを嫌がってしまう場合も多々あります。
そりゃあ苦かったり変な味がする得体のしれない飲みものですもんね!(笑)

そこでこどもが好きな食べ物と掛け合わせて一緒に飲ませてしまうのはいかがでしょうか。

パンだったりヨーグルトだったり、いくらでもありますよね。
ポイントとしてはこぼれにくく、確実に薬を飲ませられるような食べ物がおススメです。
なるべくなら一口で終わるように量を調節してあげたいですね。

注意点は?


先ほどもお話しした通り、シロップタイプはこぼすと非常にベタベタする場合があります。
また薬のアレルギーが起こってしまう可能性も無きにしも非ずなので、
薬を飲んでから3時間はきちんと子どもに変わったところがないかチェックするようにしましょう。

良く寝てしまうなどの症状は、薬の成分ではよくあることなのでそこまで心配はなさそうです。
万が一じんましんなどができてしまったら、すぐに薬局に電話をしてかかりつけ医に相談しましょう。


Sponsored Links



うちの場合は


わたしは初めて飲ませた薬がシロップだったのですが、
薬剤師さんからなぜか簡単にスプーンで飲ませてくださいとしか説明されず…。
家に帰って飲ませようとして、さあ困った!
そこで当時子どもがヨーグルトならどんなときも食べていたので、ヨーグルトにかけて食べさせていました。

ヨーグルトの酸味で薬の嫌な味が目立たなくなっていたようです。
次は粉薬だったのですが、これもヨーグルトにかけて食べさせちゃいました!
ヨーグルト様々です!
ただシロップはこぼすとベタベタするし服が汚れて大変なので、粉薬のほうが飲ませやすかったですね☆

まとめ

子どもがシロップタイプの薬を嫌がることについて説明してきましたが、いかがでしたか?
今回は粉薬に関しても一緒に説明させていただきました!
ここでわかりやすいようにまとめてみたいと思います。

・シロップはスポイトで飲ませるのが一番!
・粉薬は水に溶かしてスポイトで飲ませる
・単体で嫌がるときは食べ物にかけて飲ませてしまうこと
・薬を飲んで3時間は赤ちゃんの様子を確認すること

以上です。
薬をしっかり飲んで、早く治していきたいですね!

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ