浴衣と着物の違いはこれだけだった!?

浴衣といえば夏!
着物といえば・・・、ん~、女将さん!

着物に関しては、即答に困りますね。
それほど私にとっては身近ではないものですが、

先日、マッサージ師の私は施術中の会話で

浴衣と着物を言い間違えてしまいました(汗)

こんな感じです↓

お客さん
歌舞伎をよく見に行くんです。昔から好きで・・。
 
やっぱり浴衣ですか?

お客さん
 それを言うなら、着物ですよ!着ていきますよ。

着物ですよね(汗)、素敵ですね。


とても恥ずかしかったのですが、

この会話でこんな疑問が浮かびました。

浴衣と着物の違いって何?という疑問です。

ここでは、そんな疑問の答えを簡単にまとめてみました。

Sponsored Links




浴衣と着物の違いはこれだけ!


大きく分けるとこの違いになります。

浴衣 → 素肌に着る
着物 → 長襦袢を着る。


長襦袢(ながじゅばん)とは、着物の中に着るこういうものです↓



なんか時代劇とかで見たことありませんか?

この上から着物を着ます。
一枚余分に着る感じですね。

それでは、浴衣と着物の大枠がわかったところで、
浴衣・着物を別々に見ていきましょう!

別々に見ることで違いがさらにわかるようになりますよ。

まずは、浴衣からですね

浴衣とは?


浴衣には2種類あります。

1.寝巻き用の浴衣

105288

イメージしやすいのが温泉とかに行くと着る浴衣ですね。

昭和30年代くらいまでは、浴衣を寝巻きに使っていた人も多かったそうです。

お風呂上りに着たり、夕涼みをする時に着たりと
現代のパジャマ的な存在でしょうか。

2.おしゃれ用の浴衣
082016

花火大会・夏祭りなどのイベントやお出かけで着る浴衣です。

今は、こちらのイメージが強いですね。

夏といったら浴衣ですよね!なんていうのは、
現代のおしゃれ用浴衣ことですね。

デザインもカワイイものから、ポップなものまで様々です。

どうですか?
2種類の浴衣はイメージできましたか?

温泉とお祭りの浴衣って違いますもんね。

続いては、着物を見ていきましょう。

Sponsored Links



着物とは?

032303
上記の動画でもお伝えした、
長襦袢を下に着るということに加え、

着物にはドレスコードがあります。

正式にはドレスコードではなく「格」といいます。
格が高い・低いの「格」ですね。

要は、出向く場所によって3種の「格(ドレスコード)」を使いわける必要があります。

では、どんな使い分けをするのでしょうか?

簡単に見ていきましょう!

着物3種の「格」と出向く場所の使い分け
1.礼装着  → 結婚式の花嫁衣裳・公的な儀式

2.準礼装着 → 入学式・結婚式の披露宴

3.外出着  → 趣味 (歌舞伎・行事など)

1から順に「格」が変わってきます。
フォーマル・セミフォーマルみたいな感じでしょうか。
このように着物は使う用途が分けられています。

どうですか?
浴衣と着物の違いが分かってきましたか?

長くなりましたので、まとめます。

まとめ


●浴衣  
  • 素肌に着る
  • 寝巻き用・おしゃれ用の浴衣がある

●着物 
  • 長襦袢を着る。(着物の中に)
  • ドレスコードがあり、用途が分けられている。

浴衣はカジュアル、着物はフォーマルなイメージですかね。

テレビでクラシックコンサートを観てみてください!
特にニューイヤーコンサートです。
洋風な服装の中、たまに着物で鑑賞している方がいます。

この方は、ドレスコード「格」を使い分けているのでしょうね。
とても素敵ですね。目立ちますし!

浴衣の次は、着物にチャレンジしてみても面白そうですね。


Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ