秋の七草覚え方!3つを厳選特集!

七草というと春の七草で七草粥は有名ですよね。
お正月の食べ過ぎで疲れた胃腸を休める役割があるため我が家でも毎年作ります。

では他に秋の七草もあるってご存知でしたか?

秋の七草は伊勢神宮に備えられていることでも有名ですが、
なかなか覚えづらいのが難点です。

そこで今回は、秋の七草の覚え方3つに厳選して説明したいと思います。

Sponsored Links




まずは秋の七草をチェック!


最初に秋の七草をしっかり押さえましょう!

漢字と読み方が面白いものもあるため漢字表記にしました。

  1. 女郎花(おみなえし)
  2. 尾花(おばな・すすき)
  3. 桔梗(ききょう)
  4. 撫子(なでしこ)
  5. 藤袴(ふじばかま)
  6. (くず)
  7. (はぎ)

見た目もチェックして頭に入れましょう!





この7種類の野草が秋の七草です。
実は夏の花が多いのですが、立秋が8月頭ですし、暦の上ではあまり違和感は感じないですね。

3つの覚え方


秋七草1

なかなか覚えるのが大変な秋の七草。
しかし覚えやすいコツがありますので、

これから3つの覚え方に厳選して説明します。

こんな順番で3つを紹介していきますね。

  1. 俳句
  2. 頭文字
  3. 歌う


1.俳句編


秋の七草を短歌の「五・七・五・七・七」のテンポにあてはめて覚える方法もあります!
いろんなパターンができますが…

例えば

「はぎききょう くずふじばかま おみなえし おばななでしこ 秋の七草」

もちろん言いやすいように花の名前を入れ替えてもいいですよ!


Sponsored Links




2.頭文字編


上記で説明した七草の頭文字を取って覚える方法もあります。

みなえし
きょう
でしこ

すき

じばかま


縦読みすると…

「おきなはすくふ」「沖縄救う」

他に

「はすき(-)なおふく(ろ)」「ハスキーなお袋」

「おすきなふくは」「お好きな服は?」

などがあります。
語呂合わせで覚えると楽しいですし覚えやすいですね!


3.歌う編


こちらが歌詞になります↓

背高ノッポのおみなえしはぎくずききょうふじばかま

隠れん坊のなでしこさ、すすきがみんなを呼んでいる

秋の七草美しい、色とりどりに美しい

上手に歌ってます




春の七草との違いは?


ずばり!
の七草との七草の違い「食べられるか」です!!

春の七草はおかゆに入れて食べることができます。

春の七草の覚え方!3パターンを厳選特集!

秋の七草野草のため食べることはできません。

目で楽しむということですね。

秋の七草で根や葉などは薬用として使用されているものがあります。

くずおみなえしききょう ですね。

例えば・・、くず(葛)

葛の根を乾燥させて「葛根」として
漢方薬の葛根湯で使われています。


最後に


あなたはどれが覚えやすそうですか?

私は、頭文字歌う覚え方がやりやすい感じです。
もともと暗記は苦手ですが・・。

記憶は五感を刺激しながらだと、定着しやすいそうです。

理想的には、実物を触りながら歌うなどすると
あっという間に覚えられるかもしれませんね!

ポイントは、楽しみながら!です!

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ