おせちの数の子の意味!子宝に恵まるって本当!?

おせち料理に必ず入っている数の子。
プチプチした食感がクセになりますよね。

わたしはこの数の子が大好きで、
ついつい毎回食べ過ぎてしまうんですよね…。

でもニシンの子なのになんで名前が「数の子」なんでしょうね?
「ニシンっ子」とかではいけなかったのでしょうか?(笑)

今回はそんな、おせちの数の子の意味を調べていきましょう。

Sponsored Links




おせちの数の子の意味


数の子

ではまず、おせち料理における数の子の意味からご説明しましょう!

おせちでは数の子、すなわちニシンの卵が多いことから
子孫繁栄、子宝に恵まれるといった意味があります。

数の子の歴史


歴史というと、
室町幕府の13代将軍足利義輝に数の子が献上されたという記録が残っています。

その後は流通量が増加して手に入りやすくなってきました。

そこでニシンの卵の数が多いということ=子孫繁栄、
子宝に恵まれるというイメージから、
縁起物としておせち料理に仲間入りすることになったわけです。


Sponsored Links




そもそも数の子って何?



ここで、そもそも数の子ってなんぞや?!
ということで数の子について説明させていただきます。

ニシンは、アイヌ語で「かど・鰊」と呼びます。
「かどのこ」という呼び方が、
ニシンの卵の数が多いことから「数の子」となったと言われています。
数の子は価格が高価なこと、黄色いことから「黄色いダイヤ」とも呼ばれているほどです。

確かにあの美味しさと高価なところから、ぴったりなネーミングだと思います!
栄養価としてはEPAがたくさん含まれていて、コレステロール値を下げるはたらきがあります。

美味しい数の子の選び方



どうせならとびきり美味しい数の子を食べたいですよね。
ということで、美味しい数の子の選び方を伝授いたします!

  • 薄皮が付いている数の子を選びましょう。

  • 薄皮が付いているということは、塩抜きされていない状態ですので新鮮ですよ。

  • また数の子の色が黄色のものを選びます。

  • 白いものは漂白されていますので、数の子本来の色を選びましょう。

    薄皮が付いている黄色い数の子を選べば、
    プチプチとした食感の美味しいものを食べられますよ!


まとめ


数の子について説明してきましたが、いかがでしたか?
ここでわかりやすいようにまとめてみましたのでご覧ください。

  • 卵の数が多いという点から子宝、子孫繁栄の縁起物として
  • 数の子はニシンの卵で「黄色いダイヤ」とも呼ばれ、
    EPAをたくさん含みコレステロール値を下げる
  • 数の子とは、アイヌ語でかどのこがなまったことが語源
  • 美味しい数の子は、薄皮が付いていて色が黄色いもの

以上です。
お正月の時くらいしか数の子は食べられないので、大事に大事に食べたいと思います!

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ